RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(一社)むつ青年会議所

Yet Another JUGEM.
<< 2017年度 徒歩事業 『下北ウォーク』 事前説明会のご案内 | main | 下北ウォーク 準備開始! >>
事前説明会内容につきまして
0
    こんにちは、徒歩事業委員会です^^

    先日行われました事前説明会ですが、運動会等により参加できなかった方々のためにブログでも内容を公開したいと思います


    先ずは事業概要について

    歩きながら心身を鍛え、各町内の避難所も確認していきます。防災関係の色々な体験をすることによって生きる力を育成します


    次に事業体制について



    次は下北ウォークの特色について

    この下北ウォークでは地域のつながりも感じ取ってもらう要素を取り入れております
    むつ市からはかさまい館を使わせて頂き、防災関係の事業ということで特別に宿泊の許可をいただきました
    消防はむつ消防署の見学と地震体験車に来てもらいます
    大湊の海上自衛隊では基地内の見学と、えい船という大きい船に移動するための船に乗り、集団避難を想定した芦崎湾クルーズを15分ほど体験できます


    そして徒歩のコースですが

    イベント広場に集合してもらい、出発式を行った後、バスで航空隊ゲート前に移動しスタートとなります


    二日目は

    かさまい館からスタートし、大曲方面をまわり、中央町を経由してかさまい館を目指します


    高校生ボランティアにつきまして

    高校生の皆様には小学生のリーダーとしてグループをまとめ、心身のサポートをしながら完歩を目指してもらいます
    こうした体験をすることによってボランティア精神のほか、リーダーシップの育成につながります
    『参加者』ではなく運営側に近い立場での行動が様々な気づきへ繋がるはずです!


    注意事項は次の通りです




    東日本大震災の記憶もまだ新しい中、平成27年4月にはむつ市を震源とした地震もありました
    県内でみると毎年のように震度5の地震も起きており、いつ何が起こるかわからない今、いざというときの初動が大事になってきます

    震度6以上というのはどれぐらいの揺れなのか、今自分がいる場所からどこの避難所が一番近いのか、そして様々な世代の人とのコミュニケーションにより地域の関わり方や人間関係の大切さ、自立心を学ぶことを目的とした事業がこの下北ウォークです


    募集期間は5月31日までとなっておりますので、上記を参考にご検討いただければ幸いです
    ご応募いただいた方々には6月に入りましたら参加者説明会の案内文等を郵送致します



    徒歩事業委員会
    委員長 竹本慎太郎



    ↓↓過去徒歩事業特設ブログ↓↓
    まさかりロード
    まさかりロード2015
    | - | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://2009blog.mutsu-jc.com/trackback/1419029